Luce Ninifuni

私たち日本人の祖先が
大切にしてきた着物。

とても素材を大切にして
作られていたことが
伝わってきて感動します。

だからこそ時間や手間をかけてでも
リメイクする価値があると
思わせてくれます。

405854122_10230070202995922_3018309809634564620_n
406583517_10230085725783982_4451196447921517043_n
405401575_10230085709343571_3963497136131348138_n
405302461_10230085682862909_8006723645867632843_n
405277306_10230085769065064_142138615154288038_n
405384770_10230085734024188_8663030879247397535_n
405271119_10230086731489124_5933417056149280196_n (1)
416305656_10230237470297500_8399864144457408157_n
405426595_10230085782265394_5251669270339200139_n
previous arrow
next arrow

 

人やものとの繋がりを
大切にすることで未来と繋がる。

守られているような安心感や
生きる力が湧いてくる。

本当に好きなもの、
捨てたくないもの、
長持ちするもの。

そんなものづくりを目指しています。

Kimono Remake Collection

大切なお着物を
ドレス、コート、ズボン、
ワンピース、スカート、Tシャツ、
パジャマ、小物類へと
仕立てていきます。

思い出が詰まった大切な着物が、
着る人を最高に引き立てる
洋服やドレスに生まれ変わる、
着物リメイクを行なっています。

HomePage Blog

<投稿分類>

Midori Mitsuda

(光田みどり)

ウェディングドレスデザイナー/着物リメイクアーティスト

  • <Profile>
  • 青森市出身。明治生まれの祖父・祖母の影響により、暮らしの中の手仕事に触れて育ち、幼少期より手から生み出されるものに心を惹かれ、手芸に関心を持つ。
  • 小学時代、はじめての自由作品はメトロノームのカバー。三角錐であるメトロノームを自己流の立体裁断で設計し、手刺繍を施したものを製作。
  • 織田デザイン専門学校の夜学・服飾本科(現・織田ファッション専門学校)を卒業後、東京立体裁断研究所にてファッションデザイナーの近藤れん子氏に師事。氏より立体裁断の基礎知識・婦人服造形理論とパターン・造形ポイントを5年間にわたってフランス式立体裁断を学ぶ。
  • イヴ・サンローランTokyoのオートクチュールのアトリエでの経験を活かし、1996年にルーチェを渋谷区広尾にオープン。
  • アトリエ名を、笹塚に移転した際にルーチェクラッシカに変更。
  • 1998年に下北沢に移転、2016年7月から現在の国立市のアトリエで、時代に求められる本物のウェディングドレスを提供している。